東北取材最終日最後の訪問となったソシラボをお届けします。

訪問した日はちょうどソシラボの3周年記念パーティーということでそちらの方にも参加させていただきました。

ソシラボ

ソシラボは正式名称SOCiAL LaboratoryというFacebookグループから派生した仙台のコワーキングスペース&イベントスペースです。

「人の集まる場所を作りたい!!」、「人が交流できる場所を作りたい!!」、「人が何か発表できる場所を作りたい!!」、「人が人を応援できる場所が欲しい!!」、「人の変化を促す空間が欲しい!!」という思いをコンセプトとして運営しておられます。

そして気になるのが「ソシラボは実験する場所です。」という言葉です。

実験のネタは参加してくれる人すべてから集めたいとあり、これがラボラトリーという言葉を使っている所以のようです。

仙台駅から徒歩8分と駅近で、仙台の中心部にあるため非常に利便性が高いです。

また、1日ドロップインがなんと100円!
全国で一番安いコワーキングスペースといっていいでしょう。(無料は除く)

施設紹介

new_IMG_2198

入口はこのような感じです。

扉が木のフレームで中が見えるので入りやすい雰囲気がありますね。

new_IMG_2204

扉の内側から見るとこのようになります。

本棚、名刺スキャナー、広告が並んでいます。

new_IMG_2203

棚の中には利用者さんの作品販売を行っているブースがあります。

new_IMG_2200

入口か進んでいくと右側に受付があります。

new_IMG_2201

そしてメインのスペースです。

皆さんお気づきでしょうか?

この中に変わったものがあることに。

 

正解は写真右側のパズルの形をした机です。

入口のソシラボのロゴと同じ形をしていることにお気づきでしょうか?

コワーキングスペースを利用するときに注意してインテリアなどを見てみると各スペースのこだわりが見ることができて面白いと思います。

new_IMG_2206[1]

先ほどの写真では隠れてしまっていましたが、こういったくつろげる場所もあります。

イベントカレンダーを大きく貼ってくれているので利用しているときに、スペースで開催されるイベントの確認ができていいですね。

他の利用者とも話すきっかけになりそうですね。

3周年記念パーティー

そして、1月25日ソシラボが3周年記念パーティーを行うということで参加させていただきました。

もちろん濱野氏と。

パーティーでは利用者の皆さんや運営の方と交流することができました。

ソシラボが利用者の方とどのようにして歩んできたのかといった部分に少し触れられたような気がします。

new_P1250411

それでは乾杯前の様子から行きましょう。

開始前のFacebookのイベントページによると40名以上のエントリーがありました。

ソシラボが利用者のみなさんから愛されているなと僕は感じました。

new_P1250418

そのときの様子を濱野氏が360度撮影できるカメラRICOH THETAで撮影していました。

ソシラボ3周年パーティ。 乾杯前。 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

そして盛り上がったライトニングトーク大会!

みなさんの熱い思いが伝わってくる素晴らしいものでした。

12592224_1709171412703190_8644221448598616211_n

なんと、なぜか濱野氏飛び込み参加!!あいかわらず抜け目ないです。

酔った勢いでしょうか。
熱い思いを仙台の人たちに伝えています!!

*カラオケをしているように見えますが、決して歌っているわけではございません。

知り合った方全員が、想いや熱気があり、その反面優しさにもあふれていて、大変貴重で充実した時間を送ることができました。

ソシラボの関係者・利用者の皆さんありがとうございました!


宮城県コワーキングスペース一覧